アメリカ経済と大統領制度

通常、君主がいない国には大統領制と呼ばれているケースだけでなく、指名された支配者
としての大統領もいます。
そして、大統領は支配者です。しかし、それは政治制度で行政部の最も高い役員とあります。
アメリカ合衆国の場合、それはモデルです。 再選は任期の4年で可能です。
しかし、3選は禁止されてます(訂正第22条)。
相互の独立国は明白です。それはアセンブリに関して大統領と以下の点に現れます。
法律に関しては、議会内閣のシステムの場合、大統領はアセンブリの
義務と呼ばれている原則から請求を集会に提出することができません。
「メッセージ」(メッセージ)(の形と代わりに)で方針で必要な法律処置のために
アセンブリを要請するために、「アドバイス機能」を持つだけです。
大統領は、分解する権限はありません。

大統領は行政の管理において補強されます。それは不信任案もされないです。
そして、大統領に関しては、大統領はアセンブリで国会議員以外の誰からでも各々の
大臣に任命します。そして、大臣は大統領だけに対する責任をとります。

安定性と政府の活動特徴を確保するために言うために見解から全体で作られた政治制度。
そこの憲法設立のために努力をした「連邦主義者」の著者をする意図がありました。

アメリカ経済のコラムアメリカ経済と大統領の決め方