アメリカ経済のコラム

深夜のテレビでオバマ米国の新大統領の就任演説を聞きました。
有名な表現者?感じた。
それはスピーチの名手と呼ばれている評判です。しかし、何らかの間違いでありませんか?
青年を主張するようでした。人々の思い出まで留めるものでありませんでした。
これを称賛している多くの人々がいるけれども、驚きます。
そのような人は、それを信頼しない方がよいです。
互いと調和するのが得意なだけな人もいるでしょう。

それで選挙に勝つ為に、オバマの状況に立っているならば、責任が特定の状況にあって
状態が前の通りよいと言うだけのことができる場合があります。
それは不安感のフリップです。夢について話して、選挙戦によって戦ったが勝つとすぐに
夢を捨てます。「変化」は疑わしいです。

しかし、米国がすることは、涼しいです。
たとえそれがどんな場面でも、それは全く映画の場面であるようです。
たとえ彼らが類似したことを日本でするとしても、200万人はほとんど集まりません。
互いとの違いを感じます。

思い出に残るような表現はありませんでした。しかし、アメリカの「変化」は日本に染まりやすいでしょう。
日本の変更(改革)は、米国のような急増を持たないで、米国がくしゃみをするならば
風邪をひいて将来感染症状態でそれを予想したいです。

オバマは大統領になって、変化を実行するために、様々な処置をとります。
それを見る日本の有権者が、影響されることは確実です。
アメリカの「変化」は、日本の「改革」を支持します。

アメリカ経済と大統領制度