アメリカ経済について

米国の経済が4番目に完全に潜在性に成長電源をオンを示す、米国議会予算局(CBO
財政的なマイナスが、テスト計算でおよそ3400億ドル減らされて
2012の会計年度の8月の時の予測より3分の1(10月11日から9月12日まで)およそ連邦政府の
無所属のアセンブリの特別委員会の下院(協和)のバンホレン議員の要請に関してどちらが
財政赤字の更なる縮小計画について話した次第で、手紙による予算委員会を下院のライアン議長
(協和)に申し出ると答えました。

12年の実質国内総生産(GDP)のための比率が6.2%からそれを4.0%に下げるとき
12年の財政的赤字額は予測のおよそ9730億ドルからおよそ6300億ドルまで落ちてます。
経済成長が潜在的成長率を理解するならば、社会保障関連の支出が失業率の落下によって抑制されたとき
歳入は税の産出高の成長によって増加する予想しました、そして、歳出は減少しました。
インフレ要因がそれを考慮しないと言われます。

特別委員会は、国会議事堂(協和両党国会議員12)の民主主義でを構成します。
10年間の11月23日までに、集団で1兆5000億ドルのさらなる赤字削減のゴールで
方針を集会に報告します。 (共同で)

アメリカ経済について